2004年12月09日

特定受給資格者

雇用保険もひたすら学習中です。
失業等給付辺りまではだいぶ問題こなしてきて
いい感じなのですが、
やっぱりなんと言っても特定受給資格者の表が難関ですね。

一般は90・120・150だし

就職困難者も150と300・360しかないので
覚えるのも楽なんですが、
特定受給資格者は本当に面倒です。

なので語呂合わせに挑戦中ですがなかなか・・・。
とりあえず適当に考えてみたので公開します。


まず1年未満はすべて90日なのでそれはそのまま暗記

残りについては総て30で割れるので割ってみると

     5年未満・10年未満・20年未満・20年以上

30歳未満 3 4 6
35歳未満 3 6 7 8
45歳未満 3 6 8 9
60歳未満 6 8 9 11
65歳未満 5 6 7 8

となります。

これでだいぶ覚えやすくなりますね〜。
んで、今適当(必死)に考えたのは
さんしろー(3・4・6) ←これは定番か?w
山麓の納屋   で(3・6 7・8)
寒く焼く    鳥(3・6 8・9) 
六羽食いぃ(6・8・9・11)
小屋      の中(5〜8まで)

でと鳥との中は一応つじつまあわせです。

三四郎さんが、山麓の納屋の中で寒くなってきて鳥を焼いて
6羽食べます。小屋の中です。

って感じの思いっきり適当な感じですがどうですかね?

とりあえず語呂合わせは適当ですが、30で割るって技は
他の語呂合わせのサイト等でも使われているみたいですし
わりかし一般的にみんなしているんですかね?

とりあえずもっとすばらしい語呂合わせがあれば教えてほしいものです。
まぁでもとりあえずこの記事を書きながら↑のやつで覚えることができました〜。
これで改正とか入った日には(爆)
posted by 京 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1238178

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。