2004年12月26日

雇用保険も終了

今日TACの雇用保険が終了し、2週間の休みです。
年末年始休みに労基・労災・雇用を総復習しろということで、
なんとか時間を作って弱点をなくしていきたいものです。

で、早速過去問平成12〜16年までの分労基をやってみました。
今年の本試験前にだいぶ回してた効果もありか?
うる覚えの分等もあったおかげか、
割とすらすらできましたが、
やっぱり平成14年と15年は難易度高いですね〜。
平成16年の問題はオーソドックスな感じなので
来年また難問だらけにならないことを祈りたいです。

雇用保険に関しては、コメントでもありましたが(感謝感激です)
算定対象期間と、算定対象期間の要件は結構ごっちゃになって難しいですね〜。

算定対象期間の被保険者期間の算定で難しいなぁと思った所は

例えば何個も会社を転々としてても、1年以内ならA社2ヶ月・B社3ヶ月・C社2ヶ月
とか通算して6ヶ月を超えれば、受給資格がゲッツできます。

しかし、一度会社を辞めて(6ヶ月勤務)、次にB社(3ヶ月勤務)に就職して退職した場合
A社の6ヶ月勤務で受給資格を得ているので
基本手当を貰おうが、貰うまいがA社+B社って感じには通算できないので、
B社を辞めた段階では被保険者期間は3ヶ月ってなります。

これに対して、所定給付日数算出するのに使用する算定基礎期間では
A社を辞めて1年以内にB社に入っており、かつその間に
基本手当を受給しなければ、その期間は通算できる。
(基本手当を受給してたら×)

って所らへんが、結構ごっちゃになってしまい、
算定対象期間でも基本手当を貰わなかったら通算できる!
とか普通に何も考えてなくって
講義で図で説明受けて理解したときおぉ〜って感じでした。

と今必死で図の内容を文章にしてみたけど、
文章だと意味不明ですな(苦)



posted by 京 at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雇用保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TACで頑張っているのですね。
是非、頑張って下さい。
お暇なときがあれば、私のブログも参考してもらえれば幸いです。社労士合格必勝法を書き込んでいます。
Posted by 銀次郎 at 2004年12月26日 22:11
書き込みありがとうございます!
励ましのお言葉までしていただいて
俄然やる気がでます(T-T

今から早速拝見させて頂きます。
Posted by 京 at 2004年12月26日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。