2005年02月01日

標準報酬

標準報酬は得意〜とか書いてた矢先ですが、
健康保険を予習していたら、標準報酬に改定が!!!

育児休業等終了時改定とかいう改定が、平成17年4月1日から増えるらしいです。

概要は、育児休業等終了日において、3歳未満の子を養育している被保険者が
報酬月額が2等級以上の変動にならない場合でも、事業主に申し出ることで
育児休業等終了日の翌日が属する月以後3ヶ月間で、報酬月額を算定する
というような内容らしいです。
定時決定と同様に支払基礎日数が20日未満の月は除くらしいです。


テキスト読んで気になる点は2点

@TACのテキストには、算定や月変とかのように届出について載ってないけど
届出はどうなんでしょうねぇー。

A2等級以上の差が出たら、申出なしで随時改定?

今度の講義でちゃんと聞かないと…。
なんか今年は児童関係の改正が多いですねぇー。


まぁ試験には関係なさそうな話ですが
この育児休業等終了時改定って
なんかあんまり機能しなさそうって思います。

被保険者が事業主に申出をするってなってますが、
そもそも当てはまる人が、休業前から1等級の差の人限定
(2等級以上なら随時改定、同じ等級なら関係なしですよね?たぶん)
な上に、自分の健康保険料がいくら取られてるかとか
考えてる人やこのあたりの仕組みをきちんと知っている人って
普通あまりいなさそうですよねぇー。
申出も何もこの存在に気がつかないまま翌年の定時決定までいってしまいそう(笑)

たぶん、申出じゃなくて強制でやりなさいとかにならない限り
ほとんど意味なさげなような・・・。

というわけで社労士受験者を困らせるための改正に違いない(T−T


posted by 京 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。