2006年05月16日

男性差別?

就職性差別:大阪の男性が提訴 派遣会社に賠償求める

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060514k0000m040106000c.html

いよいよ新しい時代に突入か?

男女雇用機会均等法では、
募集の際に性別を理由とした差別は禁止されています。

女性の権利を守るために作られた法律ですが
男性が逆差別された〜ということで訴えを起こしたそうです。

今回のケースでは、派遣会社の手落ちですよね。

なぜなら雇い入れの自由は企業側にも認められているので
別に男性を雇用しなくても問題はないしね〜。

ただ募集中に男性のみ。女性のみ。とすると問題ですが・・・。

今回のケースでは、派遣会社が
「派遣先が女性を希望している」「女性向けの仕事」
ということを理由で、しかもメールで断りを入れているのが
大失敗ですね。

建前はどうあれ、本音では性別での採用ということはあると思います。
ちょっとかなり悔しいけどねw

ただ、今回のケースで思ったは、派遣会社というのは
人の雇用の最前線にいるわけなので
「女性向けの仕事」という断り方を入れていること自体が
ちょっと勉強不足かなぁと思います。

法律を全部知る必要はないと思うけど
業務に必要なことは最低限確認しておけば
今回の訴訟にはならなかったのかなぁーとも思います。

単純に「先方の見合う条件に該当しませんでした。」
とでも言っておけば良かったのに。







posted by 京 at 00:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直ものが馬鹿を見るということでしょうかね。
ちょっと表現悪いけど。
お仕事大分慣れましたか?
また、そのうちね。
そのうち?
Posted by くりまるパパ at 2006年05月17日 12:13
こんにちゎ☆ィロA回ってたらたどり着きました☆また来ますねっw
Posted by ふゅ at 2006年05月18日 11:35
いやぁ〜。。。
これって、法律上はとっても基本的な問題
なんだけど、
採用の現場にいると、
やはり採用する部門としては、あらかじめ
男を入れたい〜とか、
女を入れたい〜とか、、
あるみたいよ。
ここだけの話。。

むずかしいねぇ。
そこんところの意識をいろんな部署の
管理職社員に植え付け
社員を教育して、自分たちのカラーにしていくことこそ、
人事や総務の仕事なのかもだけど。

いやぁ。
現実は、難しいですね、この手の問題。

にしても、
ねぇ。。。。。


Posted by みかん at 2006年05月19日 00:55
>くりまるパパさん

そうですねぇー。
今回のケースは
メールが残ってるだけに
どうしようもないかとw

多少落ち着いたかな?

そのうちというか決めうちで
ぜひぜひw
Posted by 京 at 2006年05月19日 01:16
>ふゅさん

ちょっと読みかねてます(;・∀・)
なかなかたどり着く場所でも
ない気がしますが
まぁ何もないところですがw
Posted by 京 at 2006年05月19日 01:20
>みかんさん

あるよね〜。
ここだけの話。

看護婦さんが看護士になったり
なんか変。

男女とわけへだてなく採用募集かけて
数十名採用して男女比が10:0とか
なんじゃこりゃみたいなのあるしw

企業側の採用の自由を認めるなら
採用に関しては別に男女区別してもいいような気がします。

そりゃ平等が一番だけどさー。

採用する気もないのにポーズで
面接したりするほうが
よっぽど失礼だと思うんだけどなぁ〜。

と、強く感じた新卒のころwww
Posted by 京 at 2006年05月19日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。