2005年03月08日

6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

題名のとおりですが、
このあたりって全く覚えられません。

例えば労働基準法なら
強制労働の禁止が一番重くて
1年〜10年以下で20万以上300万円以下ってのは
特徴的なので覚えたのですが、

6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金ってのは
いろんな法律飛び越えて出てくるし数多すぎて覚えられません。

大抵この手の問題が出たらお手上げで、
5択の残り4つでなんとか切れるかがんばってみるって感じの
対処をしてるのでちょっと不安です。

なんかいい方法ないですかねー。
誰か教えて〜(T-T
posted by 京 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 国民年金法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
札幌で社労士受験生しているケロリンと申します。
ブログで流れているうちに、こちらに着きました。

罰則のところは、特徴あるものだけ覚えて、この「6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金」は『いっぱいあるなぁ・・・』ぐらいの気分で覚えてます。無理に全部覚えない感じが、逆に頭に入るかもしれません。

では、これからもお互いに頑張っていきましょう。失礼いたします。
Posted by ケロリン at 2005年03月10日 23:35
ケロリンさん
書き込みありがとうございます。

アドバイスありがとうございます。
そうなんですよねぇー。
特徴的なものはいいんですけどねー。

社会保険庁長官の委任事項とかも
同様に細かい。
てかテキストでも参考項目となっている所とかこだわりだすとキリがないって感じはします^^;

それで基本がおろそかになっても
あれですしね。
ちょっとあせりすぎかも。
無理にこだわらない!
うん。
ありがとうございます。
がんばります。

ケロリンさんもがんばってください^^



Posted by 京 at 2005年03月11日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。