2005年03月21日

後一歩

TAC第3回の結果返ってきました。
結果は残念ながら名前載るところまで行かず・・・。

91点で、110ちょいの中で名前が載る20番以内どころか
なんとか30番以内に入ったって感じです。

いや〜本当に上位に入るのは難しいですね。
本当わずか数問差の間にこれだけの人数がいるってことで
わずかな差ながら、この1問が難しいです^^;

自分なりには、結構勉強したつもりですが
やっぱりみんなそれ以上に勉強しているからこそ
この点差なのかなぁーと思います。

後実力テストは来月の厚生年金と一般常識を残すのみなので
次回は、この差を縮めることを目標にがんばります。


んで、たまには勉強内容でも・・・。ってことで厚生年金ですが
今回から老齢厚生年金の内容を勉強したのですが、
ちょっと感動?した部分で

国民年金の第1号被保険者の要件に
日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、
第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しないもの
(被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができる者を除く)

という規定があります。
ここの
(被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができる者を除く)
って部分は単純に覚えてたのですが、

60歳未満で老齢が貰えるってどんなんやろ〜と軽く疑問に思ってはいたのですが、

今回厚生年金側で第3種被保険者(坑内員・船員)の特例で
55歳から貰えるってので、先生がこれが国年の適用除外者にあたります。
と言われて、ちょっと おぉ〜 なるほど〜
って感じでなんかパズルがかしゃってはまるような感じで
ちょっと感動しました。

適用除外になるから1号でなくなるけども、この期間は任意加入被保険者になることが
できる。と続いていくので
いやーよくできているなぁーと感動。
(まぁ去年は何を聞いていたんでしょうかねぇ。不思議なものです。)
posted by 京 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。