2005年03月25日

加給年金と振替加算

たぶんテストには関係ないんだろうけど、
国年と厚年のテキストを比べながら
勉強していると頭が混乱してきました。

疑問@ 加給年金⇒振替年金パターンでの疑問

厚生年金の加給年金には、受給権者の生年月日に応じて
配偶者の加給年金額に加算があるので
228,600円+αが受給権者に支給される。

配偶者が65歳に達した時に加給年金は、配偶者の老齢基礎年金側に振り返られる
ので、加給年金は消滅しますよね。

この際に国年のテキストによれば、228,600円に受給権者の生年月日に応じて
率(1〜0.067)を乗じて得た額を支給するってことは

受給権者の加給年金+特別加算>配偶者の振替加算

てことで同額が振替になるわけじゃないのかな?


疑問A

こっちのが単純

加給年金が配偶者+子供の場合 
配偶者が65歳に達したら、
配偶メの分だけ加給年金が減額されて、子供の分は残る?
ということは、受給権者に子供分の加給年金、配偶者に振替年金って形になるのかな?


どっかの年金博士とかここ見てないかなぁ〜。
誰か知っていたら教えてください^^
posted by 京 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。