2005年04月26日

電車と近所と労災

昨日労働基準法の続きを書こうと思っていましたが、
今日(もう昨日か)のJRの脱線事故について
ちょっと書こうと思います。

さっきニュースで見たらすでに50人を超える方が亡くなられたということで
亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りします。
今もまだ列車の中に取り残された人もいるということなので
大変心配です。

今回の事故の場所は、結構近所だったりするもので
尼崎には友人や知り合いも住んでいるし、利用したこともある線なので
衝撃はかなり大きいです。

ちょうど労災の復習に入った所で
通勤災害等の内容を再確認していた所だったのですが
今まで何気なしに
通勤災害、業務災害とか遺族給付、葬祭料ある意味一つの
単語的というか学問的な捉え方で
あんまり深く考えずに勉強してきましたが、
今回の事故ようなリアルなものを見て、
だからこそこういった規定や制度が必要なんだなぁって
ことに気づかされたように思います。




posted by 京 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 労働者災害補償保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

不運?人災?
Excerpt: <尼崎脱線事故>無残な姿に渦巻く「悲しみ」と「怒り」 寝起き1発目に飛び込んできたのがこのニュースだった。 もう昼を回っており、すでに特別番組が組まれていた。 阪神大震災や911の時と同..
Weblog: }{ollow dayz
Tracked: 2005-04-26 04:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。